渚の更年期はつらいよ

子なし更年期セラピストの不調をリアルに体験・発信するブログ

子供ができなかった話

 

 

こんにちは  更年期真っ只中

リラクゼーションセラピストの渚です。

 

コロナで、不妊治療中の方は大丈夫なのかな・・・と、ふと思ってしまいました。

 

私が不妊治療をしていたのは今から16年前から約5年間

 

えっ?もうそんな前なんだ(^^;)

 

そりゃぁ年取るわけです(笑)

 

不妊治療中、1度だけ妊娠したんですけどすぐに流産してしまって・・・

 

もしもあの時の子が無事に生まれていたら、今12歳か~

 

なんて考えたりすることもあります。

 

今は不妊の原因が女性側が41%、男性側が24%、男女ともが24%、原因不明が11%だそうです。

 

不妊治療は、本当にお金がかかりました。

 

今日はちょっと愚痴っぽくなりそうなブログです。

 

目次 

 

 

子供ができない原因

 

うちの場合は一般の検査では両方に原因が認められず、私が一人で病院に通い検査や治療を受けていました。

 

悪いところがないので、ほぼタイミングと人工授精、ホルモン剤投与・注射なんです。

 

旦那は自分は悪くないからと言って、一度も病院に一緒に行ってはくれなっかったし、「体外受精をしてまでは欲しくない」ましてや里親なんて絶対に無理というタイプでした。

 

私は本当に子供が欲しかったんですよね~。

 

だから、流産したときのショックも大きかったし、その後、妊娠に至らず原因が旦那の方にあったと知って、なんでもっと早くに体外受精→顕微授精にステップアップしなかったのかと後悔しかありませんでした。

 

旦那の両親や兄弟、うちの両親からも妊娠出産はもちろん切望されていたし、私自身も望んでいました。

 

お互い悪いところはないのに妊娠できないということは、当然ながら妊娠できないのは女性側のせいだと思われる風潮。

 

旦那のお父さんとお兄さんには「仕事ばっかりしていないで早く子供をつくれ」的な言葉は会うたびに言われていたし、私はその空気を敏感に感じとってしまい、家族の集まりに行くのはすごく気を使って嫌でした。

 

その当時、私は温浴施設のエステルームを任されていてとても忙しく働いていました。

 

スタッフも何人か雇っていましたし、確かにストレスと疲労や腰痛も酷かったです。

 

もしかしてそれがいけないのか?と、思い、思い切って温浴施設を辞めました。

 

そして1人で自宅サロンに切り替えたのです。

 

自宅サロン

 

1人で自宅サロンなので、何もかも自分で決められるしスタッフに気を使うこともないので思い切って2階の3部屋を全部サロンとして使いました。

 

私の大好きなハワイアンテイストの南国風サロンに仕上がりました。

 

f:id:knagisakun:20201022161144j:plain

f:id:knagisakun:20201022161358j:plain

 

f:id:knagisakun:20200925015913j:plain

 

 

 

温浴施設の時のお客さんがたくさん来て下さり、自分の好きな仕事が自分の家でできることが嬉しかったです。

 

ストレスもなくなり、これで妊娠できる!と思っていたのですが・・・

 

全くダメでした。

 

女性はタイムリミットがありますから焦りと諦め、「旦那は自然にできないならいらない」と言って向き合ってくれませんでした。

 

私は自分の体がいけないのだと思い、本を読みあさり、妊活に良いことをいろいろ試しました。

 

サプリメントにも随分とお金をつかいました。

 

 

YOSA よもぎ蒸しの進化系

 

そんな中、知人のマッサージ師から「妊娠できる」と聞いてYOSAというよもぎ蒸し進化系と言われたハーブ蒸気浴を教えてもらいました。

 

ご存じの方もいるかもしれませんが一時期「YOSAパーク」という名前で、あちこちサロンを展開していたネットワークビジネスの1つだったと思います。

 

私はネットワークビジネスのたぐいは好きではありません。

 

今まで仕事柄、いろんな人から誘われましたし、セミナーに連れていかれ、会員になった途端に縁が切れる(お客さんで来なくなる)ということを繰り返してきたました。

 

YOSA会員になるとビジネス展開にも誘われましたが、もちろんその気は全くなくて、妊活に良いと聞いて自分の為に購入しました。

 

その当時、私の他にも妊活で来てくれてるお客様もいましたから、「体質改善をして一緒に妊活しましょう」という願いもありました。

 

私にYOSAを紹介してくれた知人は場所を借りてYOSAパークをやっていましたが、オープンから2年もたたないうちに閉めてしまったようです。

 

立ち上げの時には、あんなにお手伝いしたのに、閉店するときは一言もなかったのにはびっくりです。

 

今は音沙汰もなく、マッサージの仕事もしていないのか?よくわかりません。

 

そのよもぎ蒸しの進化系YOSAは、簡単に言うと韓国のよもぎ蒸しをゴージャスにした感じと言えば分かりやすいでしょうか。

 

f:id:knagisakun:20201022164612j:plain

 

 

 

私は毎日のように、このYOSAに入りました。

 

妊活=温活です。

 

(ちなみに、妊活で来てくれていたお客様、殆どの方が無事に妊娠出産されました)

 

私の体質が改善され、卵巣年齢も若返り、病院の先生からも「何故、妊娠できないのか不思議」くらいの事を言われたんです。

 

ここまでして妊娠できないって何だろう?

私はその時点で40歳、来年41歳。

 

もう時間がない・・・

 

もしかして私じゃないのかも?

 

人工授精では毎回精液検査をしますが、特に異常があるとは言われたことがなかったので、疑ったことがありませんでした。

 

そこで私は、4件目の病院「男性不妊専門」の大きな病院に、これまた1人で通いました。

 

病院を変えるとまた最初から基本的な検査から始まります。

 

やはり私には問題が見つかりません。

 

クルーガーテスト

 

私がその病院を選んだ理由はクルーガーテストをしてくれるからでした。

今はわかりませんが、その当時クルーガーテストをやってくれる病院は、一部の大きな男性不妊専門のところだけでした。

 

なので、ネットで調べて家からはだいぶ遠い病院でしたが、どうしてもクルーガーテストをやってほしくて、またその結果によって体外に進むか決めたかったのです。

 

 クルーガーテストとは、精子を染色し、顕微鏡で1匹ずつ精子頭部・頚部・尾部の形態を観察し、正常形態の割合を算出する検査のことをいいます。

 

実際に病院で精子を採取する方が、より、確実な検査ができるそうですが、うちの場合はいつものように病院には行ってくれませんから、私が検体(精子)を持っていきました。

 

正常形態精子が4%以上いれば自然妊娠が可能だそうです。

 

うちの場合は・・・

0.2%

その時はっきりと医師から「自然妊娠はできません」と言われました。

 

「体外受精も難しい、顕微授精なら・・・でも今からでは年齢が」

 

頭が真っ白とは、こうゆうことを言うのだろう。

 

そのことを旦那に伝えたら、「子供は諦めてくれ」の一言で終わりました。

 

結局、旦那は一度も病院に行って先生と話したわけでもないし、私が毎回お尻に注射を打たれてるとか、本来なら必要ないはずのホルモン剤を投与されて、体がむくんだりお腹が痛くなったりとか、全然理解してないんですよね~。

 

クルーガーテストの検査だって、検査結果の紙切れ1枚を見て「精子が奇形ばかりで自然妊娠できません」と言われてもピンとこないんです。

 

正式名は精子奇形症といいますが、原因ははっきりとはわかっていないそうです。

 

ただ、タバコによる影響はかなりあるらしく、不妊治療中に医師にも「タバコをやめるように」と、再三言われていました。

 

一度も病院にも来ないし自分のせいだとは思ってないんだから、タバコをやめれるわけないです。

 

未だに吸ってますから。

 

 

うつ症状

 

1人で頑張って通って、治療中の支払いは全部自分だし、それで原因は自分じゃなかったって・・・

 

こんな話ってありますかね?

 

詐欺にあったような絶望感

 

毎日、泣いて何もやる気が起きなくて

 

心を休めないと・・・壊れてしまう

 

自宅サロンをしばらく休もう

 

宣伝は全くしていなかったので、オープン当時よりだいぶお客様も減っていました。

 

そして廃業届を出しました。

 

 

 

実は、諦められなくて、一度は顕微授精をと思って話を進めていたんです。

 

でも、その時 あの「東日本大震災」があったんです。

 

そして同じ時期に飼っていた1歳に満たない愛猫重い腎臓の病気になりました。

 

これは

「もう、子供は諦めろ」ってことなんだと悟りました。

 

愛猫の闘病

 

子供を諦め、子猫の里親になりました。

 

その当時2匹いたうちの1匹が重い腎臓の病気になってしまい、そこから6年は闘病生活でした。

 

1歳未満で発病して、余命1年と言われましたが、それから6年頑張りました。

 

入院や通院、それこそものすごい医療費がかかったし、闘病生活のお世話も大変でした。

 

約4年前に天国に逝きましたが、子供を諦めた私が、まるで子育てをしているように、熱心に猫を可愛がりお世話をしてきました。

 

闘病の末、愛猫(タラ)は7歳で、私の誕生日の翌日、午前3時に息をひきとりました。

 

精一杯お世話をしてきたので、悔いはなかったです。余命1年と言われたのに6年も生きてくれた。

 

猫(タラ)が亡くなる前に、新たに2匹の子猫を迎えていたので、今はトータル3匹います。

 

2匹とも黒猫です。1匹は家の前で保護、1匹は保護猫のボランティア団体から頂きました。

 

Twitterによく登場しています。

 

更年期を迎えて

 

46歳頃から生理周期がおかしくなり、50歳で閉経を迎えました。

 

そこから更年期の不定愁訴のはじまりはじまり・・・

 

それまでも、フワフワする目眩や喉の詰まり感(ヒステリー球)はありましたが、そんなに日常生活に支障が出るほどではありませんでした。

 

更年期特有のホットフラッシュ、のぼせ、発汗、不眠

 

 

nagisa-kounenkicare.work

 

 

何だかいろんなおかしなことが、体に現れて??

 

これが更年期なの?

 

って感じでしたね(笑)

 

更年期って、誰にでも訪れる第二の思春期という表現をすることもあるそうですが、まさしくホルモンが大きく変化する状態に体がうまく対応できない。

 

人によって症状はさまざまですが前にブログで書いたHSPの人は、もしかしたら更年期の症状が強く出るタイプかもしれません。

 

 

nagisa-kounenkicare.work

 

老後はどうなる?

 

この年になると、そろそろ老後のことも真剣に考えるようになりますよね。

 

子供がいないということは、どちらかが死んだら1人になる。←当たり前

 

猫もいるし、旦那より先には絶対に死ねない。

 

そんなこともよく考えます。(^^;)

 

残りの人生、まだ働ける

 

もう一度自宅サロンを再開しよう!

 

更年期真っ只中の子なしセラピストが更年期ケアに特化した隠れ家サロンをやりたい。

 

なのにコロナ!?

 

想定外ではありましたが、もともと儲けたいとか、毎日お客様で予約をいっぱいにしたいとかは思っていなくて。

 

だからホットペッパーにも載せる気がない。

 

何を見たんだか、毎日のように掲載営業の電話がかかってきて困ります。

 

じゃあどうやって宣伝していくのか?

 

正直、どんなお客さんでも来てほしいとは思わない。

 

更年期世代、更年期障害にお悩みの方、自律神経失調症でお悩みの方、妊活、ストレスケア。

 

サロン経営のコンサルさんの意見を聞くと、万人受けは求めなくていい。

 

あなたの得意な分野、好きなお客様、来てほしいお客様にターゲットを絞って伝えていけばいいと言っていました。

 

なるほど。

 

ブログやTwitterが私の思いを伝えられる場になるかはわからないけど、コロナ、更年期、ストレス。

 

リラクゼーションを求める方のお役に立てるサロンになるように、勉強中です。

 

幸い、温浴施設の時のお客さんでもある友達数人をモデルにして、手も足も動かして技術もブラッシュアップ。

 

※ 今回のブログの内容で、不快な思いをされた方がいたら申し訳ないです。今回は何も考えず、思いのまま書きました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

大人女性の隠れ家 ヒーリングサロンNAGISA HP https://nagisa-mana.wixsite.com/kounenkicare/home

 

 

 

 

 

<